クローズ気味にした個性的なメンズカジュアルショップの平面図

さて、今回から新規店舗事例です。
いつものように、平面図事例からはじめましょう。

通路に面しているのに、あえてオープン形式にせずクローズ気味のこの店舗は、かなりの個性型店舗です。

MDは、アメリカンボーダーという、若者に人気のある商品を扱っていたような記憶があります。
店舗を遮蔽していることで、個性的な雰囲気を醸し出しています。

店内の空間は、ゆとりがあるため回遊性は期待できるでしょう。
所々に面白い考え方が見えますので、お見逃しなく。

では、天井伏せ図も一緒にご覧下さい。

クローズ気味にした個性的なメンズカジュアルショップの天井伏せ図

建築側の天井が、R型になっているので変化があり興味深さを感じます。

ただ、場所によっては天井照明が配置しにくい位置があるのでちょっと心配でした。
それと分かりやすいように、天井の梁の高さをそれぞれの位置で表現しています。

まあ、基本的にこのショップは照度を落として演出するようで、 あまり影響はなかったように記憶します。

図面には、2次側の重点照明の器具リスト図、 天井に貼り付いている設備関連の凡例を添付しています。

デザインランキングに参加してます。
応援お願い致します!

↓ ↓ ↓

デザインランキング