今回は、環境図に続き、販売促進を担うその他の什器たちです。

このショップの什器は、商品の陳列のみではなく、ディスプレイ的要素も満載な什器で構成されています。
しかし、そればかりではありません。

それぞれの什器が、それぞれの役割を担っているからこそ、ショップも商品も生きてくるのです。

では、ひとつずつご説明していきます。

商品の格上げ効果を狙った壁面ショーケース

商品の格を上げ効果を狙った壁面ショーケース

壁面に設置された、ショーケース什器の姿図とスケッチです。
スリムタイプのため、配置しやすい什器です。

スケッチ図が添付されていますので、フォルムはご理解いただけますね。

レジカウンター横の柱型前、ちょっとしたスペースにレイアウトされています。
柱に出っ張りがあるので、デプスは控えました。

また、ショーケースにガラスの扉を取り付けることで、展開する商品の格は上がりますね。

次に、ショーケースの部分詳細図と、そのスケッチです。

商品の格を上げ効果を狙った壁面ショーケースの部分詳細図

赤でマーキングした部分の詳細図です。
店内の照度が取れないので、こういうケースになりました。

使い勝手はよいとは言えませんが、やはり照度が欲しかったのですね。
このように、あえて照度を落としているショップの重点照明は難しいです。
私も、これといったアイデアはそれほど持ち合わせていません。

そんなときは自分の足で稼ぐ。
すなわち、リサーチで「これは」っていうモノを参考にすることが多いですね。

象徴的でインパクトがあるタワー什器

ディスプレーで目を引く存在感のあるタワー什器

オープン形式なので、存在感がありますね。
ディスプレイ的要素として、店舗を賑やかす演出ができそうです。

什器高もあるので、面白い演出も可能でしょうね。
例えば、ショップのMDに似合うライフスタイルグッズや小物等々。
私だったら、「ブリキのおもちゃ」などを置きますね。

この什器は、タワー什器と言っていますが、要はオープン什器と同様の機能です。
ですので、通常はシンプルにトップスの商品を展示販売するのでしょう。

どちらにしても、色々な使い方ができる什器です。

在庫もたっぷり収納できるアクセサリーケース

シンプルで使いやすいアクセサリーケース

特にコレといったデザインが施されているわけではないですが、反ってそれが扱いやすい要因のひとつではないでしょうか。

トップには、ガラスショーケース。
下部には、ここで展開する商品をストックとして使用できます。
たくさん入りそうなので、人気商品をここにストックしておくのも良さそうです。

シンプルなデザインだからこそ、アクセサリーが際立つ什器です。

図面に、スケッチ図も添付しています。
スケッチは、イメージしやすく親切な手法ですので、参考になさってください。
3Dで仕上げるのもよし、単線であげるのも簡単で良いでしょう。

シンプルなフォルムが美しいオープン棚什器

シンプルなフォルムが美しいオープン棚什器

オープン棚什器の姿図とスケッチです。
シンプルなフォルムが良いですね。

こういった、「ロの字」タイプの什器に気を付ける点が1つ。

それは、横揺れが起きやすいことです。
ですから、私はステージ内とトップ天板に補強金物を埋設して、 横揺れを防ぐようにしています。

仕上げは、壁面什器で使っているスチールの黒皮素材をポイントに使っています。

ちなみに、この図面では棚で構成されていますが、ハンガーも使用が可能です。
応用力のある什器と言えます。

デザインランキングに参加してます。
応援お願い致します!

↓ ↓ ↓

デザインランキング