「和食店 0007」の蕎麦屋さんの続きといきましょうか!

今回の図面は、かなりしょぼい図面で申し訳ありませんが、この程度で実は十分なのです。

というのも現場監督並びに、製作担当者も機転が利く方だったためです。

現場同時進行だったので、スケッチでも発注できましが、私の方がそのやり方がどうも肌に合わないので急いで描いた図面です。しょぼいわけです!

次にいきますので平面図を確認しておいてください!
⇒ 和食店_平面図事例_001


ここでは、ほとんど詳細図は描きませんでした。

ですから、ここで説明することは全くありませんが、この図面について少々。

一般的にパーティションの高さは、1200mm〜1250mm程度を基準に考えてもらえばよいでしょう。

そして、目隠しといって本体パーティション上部にある横桟の場所の高さは、250mm〜300mmを目安にしてください。

今回は、和食ですからこのような設えにしていますが、カフェや洋風内装の場合は、ガラススクリーンなども良いでしょう。いずれにしても人とかを合わせるのは良くないでしょうから。

これはちょっとハードですが、まあこんな感じでね!

最後に、収め方を説明できないときは図面斜め上に描いているスケッチがあれば、製作担当者には理解してもらえます。

デザインランキングに参加してます。
応援お願い致します!

↓ ↓ ↓

デザインランキング