トレンド&カジュアルなレディースショップの図面事例〈環境編〉に続き、今回は〈什器編〉をご紹介します。

前回の記事をご覧になっていない方は、こちらです。
トレンド&カジュアルなレディースショップの図面事例〈環境図〉

最低限の機能を備えたシンプルなフィッティングルーム

トレンド&カジュアルなレディースショップのフィッティングルーム

造作フィッティングルームの作図事例です。
造作といえ、それほど難解なものではないでしょう。

FRについては、過去の記事を見て貰っても理解できる内容の記事を書いています。

機能的なことをしっかり覚えれば、このFRについてはほとんどといって問題はありません。

ちなみに、ダイレクトミラー貼りの詳細はもうマスターされましたか?

まだでしたら、再度ここで理解しておいてください。
拡大した画像を載せておきます。

トレンド&カジュアルなレディースショップの詳細図

図面なんて、それほど難しいものではありません。

日々の努力があれば、あなたでもしっかり稼げますよ!

ディスプレイステージ出入り口の外観図と断面詳細図

トレンド&カジュアルなレディースショップのディスプレイステージ開口枠

この作図だけを観ているとFRのようですが、平面図を確認してもらえれば、ディスプレーステージへの出入り口だと理解できるでしょう。
⇒トレンド&カジュアルなレディースショップの平面図

このショップはかなり変形していますので、こんな場所がデッドスペースとなります。

ここに、ディスプレースペースを作ることが良いかどうかは分かりません。

しかし、ショップをあらゆる角度から魅せることも大切だと考えます。

通路に面するスペースは、出来るだけしっかり考えなくてはなりませんね。

店頭吊りサインの外観図と断面図

トレンド&カジュアルなレディースショップの店頭吊りサイン

チャンネル文字にしたかったのですが、予算不足ということでカルプ着色文字を取り付けました。

サインベースは、スチールでトラス形状に組み焼き付け塗装で仕上げています。

見栄えは悪くはなかったようです。
ローコストを要求されても、何とか知恵を出せば、上手くいきます。

PAボックスをイメージしたセンター什器

トレンド&カジュアルなレディースショップのセンターボックス什器

この什器は、ショップ内センターに配置された什器です。
同じ形状で、サイズ違いも製作しました。

このショップは、ファッションショーのバックヤードイメージである「スタジオ風」を基礎としています。

ですので、什器にも「スタジオ風」を反映させました。
このセンター什器は、楽器ケース等やスタジオで使用するPAボックスがイメージです。

あまり使いやすいとはいえませんが、まずはイメージを重視しました。

キャスターを、もう少し大きいものにすれば良かったかもしれません。

結果、仕上がりは格好が良かったということです。
とは言え、これは失敗だったかもしれません。(すみません。ぺこっ)

トランクケース風の壁面ストックボックス

トレンド&カジュアルなレディースショップのストックボックス

このストックボックス、どこにレイアウトされているかわかりますか?

平面図と展開図Bを見てもらえれば、位置がわかるでしょう。
⇒トレンド&カジュアルなレディースショップの図面事例〈環境編〉

壁面のシングルハンガーパイプの下部に配置し、ストックボックスとしました。

この売場にはストックがなく、基本設計後にクライアントからリクエストがあったようです。

アクセントとして、腰に店名の頭文字を施しているのがいいですね。

天板の開閉の頻度はきっと高いので、蝶番等はそれに耐えうるものを付けることにしました。

空きスペースを活用したシングルハンガー付きステージ什器

トレンド&カジュアルなレディースショップのコーナーシングルハンガー+ステージ

店舗内のコーナーに、ちょっとしたスペースがありました。
そこで、コーナーディスプレーとして、SH付のステージ什器を考えてみたのです。

シングルハンガー部には、量を掛けずあくまでもディスプレーということにこだわりました。

ハンガーの前に、マネキンやトルソーを配置するのもいいでしょう。

きっと、良いビジュアル・プレゼンテーション(VP)になると考えます。

ただ、いくらディスプレー目的であっても、ハンガーがぐらつくなんてことがあってはいけません。
そういったことが起こらないよう、しっかり補強金物を考えました。

パーカンを取り付けた個性的なシングルハンガーラック

トレンド&カジュアルなレディースショップの個性的なシングルハンガーラック

このショップのイメージを考え、ちょっとお遊びでこんなものを描いてみました。

この什器に関しては、ハンガーの機能は期待していません。

メージとして、また、アイキャッチャーになればいいと考えました。

商品を、2~3点掛けてもらえば充分です。

什器の両サイドにある「パーカン」が、店のイメージアップを図ってくれます。

そしてインパクトも…………。

機能性を追求したオープン棚什器

トレンド&カジュアルなレディースショップの機能的なオープン棚什器

機能性を追求した、オープン棚什器の姿図と部分詳細図です。 この什器は棚機能とシングルハンガー、両方の機能を持ち合わせています。

ほかの什器と比べてインパクトに欠けますが、店にとっては利用価値はあるかと考えます。

だだ、ベースの大きさによる不安定さが気になりますね。

ボリュームで見せて、しっかり売りたいところですが、出来るだけ商品点数を少なくしたほうが効果的でしょう。

本来のVMDでもある、見せて「売る」方式で陳列してもらえれば最高に良いと考えます。

充実した機能を持つレジカウンター

トレンド&カジュアルなレディースショップのレジカウンター

トレンド&カジュアルなレディースショップの図面事例、最後の図面はレジカウンターの姿図と断面詳細図です。

これまでに、いくつのパターンのレジ台を描いてきたのかな~と思い出しますね。

シンプルなもの、複雑なものを含め、200パターンは下りません。(笑)
皆さんも、数を描けば徐々に覚えることが出来るでしょう。

私がいつも気をつけることは什器高と昨日です。

今回は、以下の機能をつけました。

トレンド&カジュアルなレディースショップのレジカウンター断面図

什器高と機能面だけは、自分サイドの思惑で描いてはいけません。必ず、お店のスタッフさんと打ち合わせをすることが肝心ですよ!

以上で、レディースカジュアルショップの図面事例は終了します。
最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

デザインランキングに参加してます。
応援お願い致します!

↓ ↓ ↓

デザインランキング