さて、先回の続きでメンズカジュアルショップ展開図事例をご紹介していきます。

ファサードから店内と、全ての面が表現された展開図です。
まずキープランを見て、どの部分が描かれているのかを、把握しながらごらんください。

個性的なメンズカジュアルショップ、展開図のキープラン

A展開図から、J展開図まで全部で10面!
見ごたえがあります。

メンズカジュアルショップの展開図1

個性的なメンズカジュアルショップの展開図1

店内内部からの展開です。

平面図では、通路側はクローズな感じにし、あえて閉鎖的な店舗にしたイメージがありました。
しかし、この展開図を見ているとそうでもないようです。

ファサード部に壁面は立っているものの、全てがシースルーなスチールのネット素材を使用しています。
ネットのピッチも広くとっているので、問題はないと感じます。

むしろ、半開きの感覚で中には何があるのかと、興味を抱かせるのではないでしょうか。
うまい手法でショップの個性化、他店との差別化をしているようです。

メンズカジュアルショップの展開図2

個性的なメンズカジュアルショップの展開図2

ほとんどの壁面が、スチールネット組で囲まれていますが、あまり威圧完は感じませんね。

このネット組什器には、システムが組み込まれていて各機能を満たすのです。
棚構成もハンガー類も自由自在です。

 展開図ではその機能が、各スパンに所狭しと入っていますが、ちょっと間延びしそうなので、 1スパンをディスプレーオンリーにしても面白いでしょう。

尚、オープンと記されているところがエントランス部です。

メンズカジュアルショップの展開図3

個性的なメンズカジュアルショップの展開図3

メンズカジュアルショップ展開図事例、その3になります。
先回までで、見えていない展開部分がこれで解消しますね。

さらに、フィッティングルームの断面図と、カーテンパイプの取付け詳細図も描いています。
ぜひ参考にしてください。

全くもって、無機質なショップですが、当時若者には絶大なる支持を受けていたようです。

次回から、コーナー詳細図や単品什器ずをご紹介していきます。

デザインランキングに参加してます。
応援お願い致します!

↓ ↓ ↓

デザインランキング