プランターディスプレイ什器

今回は、この店舗の中心部にあるプランターを囲むディスプレイ什器です。

ビッグツリー(擬木)を囲むDSPエリアになります。
中心部とはいえ、ここはやはりファサードのディスプレイ什器と解釈しましょう。

全くの固定什器ですからデザイナーさんも思いきったことをしたと、今では感心するばかりです。

ステージとHGPとの組み合わせで、演出エリアと説明しましたが、ある意味、即売場という考え方でも良いと私は解釈しています。

ステージでは、商品を規則正しく並べて陳列しても良いし、商品を広げてディスプレイとしての訴求も兼ね備えても良いと感じます。

HGPの方は、ボリュームで売るというよりも5〜6店ぐらいの商品をさりげなく掛けるといいでしょう。尚、通路面から見えるHGPに掛ける商品は、着装感を演出するとより効果的でしょう。 

この什器は、かなり気をてらったものと考えますが、ショップイメージとしてのインパクトは十分です。 
そして、ショップ内の配置的にもってこいの演出エリアだと考えます。 

仕上げは、モルタルエージング仕上げですので、表面は「ザラザラ」していますが、商品に傷つけないように接する面は、金ゴテ押さえをしています。 

 部分詳細図も載せておきます。

プランターディスプレイ什器の部分詳細図

以下は、床固定を表現した詳細図となりますが、実際はアンカーは却下されるでしょう。

プランターディスプレイ什器の床固定詳細図

この什器は、汎用性があるとはいえませんが、納めの仕方並びに、アイデアを自分の引き出しのひとつに入れておいてください。

デザインランキングに参加してます。
応援お願い致します!

↓ ↓ ↓

デザインランキング