いよいよ、エレガント系婦人服の店舗事例も最終の投稿となりました。
本当に長い間のお付き合いありがとうございました。

本来なら、店舗事例の最後は決まって単品什器となりますが、今回は奥壁面にレイアウトされた個性的なビジュアル什器になります。
トルソーをディスプレイするケースです。

お客様を引きつける効果が期待できるトルソーケース

トルソーをディスプレイする奇をてらったビジュアル什器

逆に、個性的なデザインすぎて参考にはならないかもしれません。
ただ、壁面奥にこのようなビジュアル什器を配置することは、お客様へのアプローチと考えてください。

これほど個性的なVPを、壁面に配置するパターンはあまり見かけません。
しかし、店頭と違ってお客様はなかなか店内の奥まで進まれる方は少なく、こういったインパクトのあるアプローチは必要です。

多機能な固定ハンガーバーの平面図

現状では、こういう配置になってますが、「引きつけて見せる+販売」と言ったルールに沿った考え方でのアプローチは効果が増大するでしょう。

両サイドの什器も、演出照明を使って目を引くところに今回のインパクトのある什器の配置!
この見せ方には納得せざるを得ない!って感じがします。

では、部分詳細図の拡大図面をごらんください。

トルソーをディスプレイする奇をてらったビジュアル什器の部分詳細図

作図は、しっかりしたもので収めもよく考えられています。

また、この什器は壁面以外でも十分活躍出来るので、店頭に置いてお客様の目を引くのにも良いと考えます。 その形状と仕上げは、さすが大人の女性をターゲットにしているメーカーの什器です。

私的には、ショップの雰囲気やMDにマッチしているのがよく理解できます。

最後に

この店舗事例の図面は、かなり古いものです。

しかし、今現状の百貨店での婦人服売場やフォーマルの売場には、この雰囲気の事例はかなりあると感じます

図面自体は古いですが、デザインや機能など十分参考になる事例ではないでしょうか。
この店舗の方向性は、きっと設計者の皆様に役立つものだと考えます。

これをもって、エレガント系婦人服売場の図面事例を終わりです。
最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

デザインランキングに参加してます。
応援お願い致します!

↓ ↓ ↓

デザインランキング