アクセサーリー001の展開図1

先回の人気アクセサリーショップの平面図事例は理解できましたか?

理解できたところで、今回はその続きで展開図事例に進みますが、何しろカラーリングしていないので図面なのでとてもショボく感じます。

が、内容は濃いですよ!

この店舗事例をひととおり理解すれば、あなたにとってとても有益な財産になると感じます。

そして、今後このような店舗を設計するときには必ずしや役に立つでしょう。

さて1枚目の展開図は、A〜Dを表現していますがお分かりですか?

やっぱり、色が無いと寂しい気がしますね。ネットなどで調べてみるとこのショップ、「白一色」のようですね。(泣)

まあ、色はさておいて進めます。

A展開図については壁面の什器が並び、かなり充実感が漂います。

そして店舗奥の左面(B展開図)に関しては、先回もお伝えしたように、大きなR壁面がインパクトを与え、お客様にとって忘れがたい印象を与えるでしょう。

店舗はこうでなくちゃいけませんね!

C展開図、D展開図は通路側からの表現です。

柱を旨く使っているような気もしますが、これについては追って紹介します。

最後に、もう一枚の展開図というか、これはストック内を描いたようです。

あまり必要とは感じませんが、これも店舗の一環ですので添付して終了とします。