壁面造作図と固定式シングルハンガーの外観図

ladys003_12hg1

ここは、階段下でとても扱いにくいスペースでした。

そこにシングルハンガーを取り付ける要望があったので作図はしたものの納まるかどうか、かなり不安でした。

空間的に縦ラインを除けば後は、ほとんどといってフラットなライン及び、面はありません。

最終的には、現場で何とか納めてもらいましたが、図面的には嘘を描いている部分ありです。

SHPの補強もままならないものでした。

結局、床補で何とか自立はしていますが、ぐらつきは否めないでしょう。

壁面からステーを出して補強すれば良かったのですが、その距離が全くつかめませんでした。

金物の仕様のせいで、現場での加工は断念しましたので、この形に納まりました。

コメントを残す

このページの先頭へ