レディスヤングカジュアル002_平面図事例

平面図

こちらは、ティーンズのカジュアルショップの平面図です。

躯体がいびつながら、テナントとして良い場所に配置されていました。

そのため、クライアントはこの場所に出店を決定したそうです。

しかし、設計は大変でした。

 

ショップテーマは「ショータイム」です。

ファッションショーなどの、華やかなイメージを演出するためにスタジオなどで使用する小道具をアレンジしました。

例えば、スタジオの照明器具等をアレンジし、それを点在させることでムードを醸し出しました。

壁面のハンガー、柱巻、FRを造作とし、出来るだけコストを掛けないようにしました。

コストを掛けるだけが店舗ではありません。

この店舗は、ローコストで思ったよりはいい店が出来て幸いでした。

 

コメントを残す

このページの先頭へ