レジカウンター図の姿図

レジ台詳細図1

このショップのレジカウンター図の姿図です。

これまでにいくつのパターンのレジ台を描いてきたのかな〜と思い出しますね。

シンプルなもの、複雑なものの含め200パターンは下りません。(笑い)

皆さんもカズを描けば、徐々に覚えることが出来るでしょう。

ただ、私がいつも気を付けることは、什器高と機能です。

これだけは、自分サイドの思惑で描いてはいけません。

必ずお店サイドのスタッフと打ち合わせるのが肝心です。

後から、「こうして欲しかった、ああして欲しかった」というクレームがほとんどの場合出てきます。

ご注意を!

コメントを残す

このページの先頭へ