スポーツ002_平面図事例

スポーツシューズ_001平面図

 

今回から新しく、海外のスポーツシューズメーカーのショップをご紹介します。

10年前に、基本設計と実施設計を受注した物件でした。

 

導線を斜めにとっているために、店としてはちょっと使いづらい形になってしまいました。

デザイナーさんとしては、壁面のR型ステージを強調したかったのでしょう。

私はちょっと違う感を持っていましたが、あくまでも、ここはデザイナーに従うことにしました。

 

ただ、店内中央の柱が気になります。

私なら、この柱を抱きかかえるかたちのビッグテーブルをデザインします。

後々のことを考えると、この平面図では使いづらさを感じられるからです。

デザインという物は、やはり「好き、嫌い」ですね。

これがいいという物はありません。

 

コメントを残す

このページの先頭へ