ラーメン001_ファサード立面図と断面図09

飲食003 8区画平面:展開

この図面をもってこのラーメン博物館の一連のファサード立面図と断面図は、終わりになります。

多くの種類があったので、理解に苦しんだ人も多くいらっしゃったのでは無いかと思われます。

しかし、どちらのファサードも、デザインのエッセンスはよいものがあると感じられます。

是非、そのエッセンスを真似ってご自分のモノにしていただければ幸いです。

そして、いいデザイナーになって貰いたいと願ってます。

デザインなんてもともと模写から始まるような気がします。

過去の偉大な画家も、先輩が描いた「絵」を模写することから始まったようですしね。

次回は、このラーメン博物館のファサードに使用されているディティールなどを連載します。

コメントを残す

このページの先頭へ