ラーメン001_ファサード立面図と断面図05

飲食003 4’区画平面:展開

この作図は先回も紹介しました。

ラーメン博物館の1ショップのファサード及び、断面図の事例です。

ただここだけはラーメン店では無く、「たこ焼き」屋さんです。

どおりで平面区画が小さいと思いました。

ここでも、ファサードのイメージは他の店舗と同様、街並みを表現するために同じイメージで表現されています。

瓦上部にある赤の部分はサインが入ります。

コメントを残す

このページの先頭へ