メンズカジュアル008_平面図事例

Mカジュアル008_平面図

今回から新しいメンズカジュアルショップです。

ちょうどエスカレーター前の区画で、右側には別のジーンズショップが入っていますが、ご紹介するのは左側のショップとなります。

区画の奥行きが狭い為、柱巻きにはディスプレーバックも兼ねたパネルで巻いています。

フィッティングルーム(FR)を抱き合わせた側の柱前で個々のショップの顔出しをしています。

この配置は、別々にVPを設けるよりも訴求力のある演出が出来るトータルディスプレーが可能になります。

また、互いの商品での組み合わせによる相乗効果でショップ内の回遊性を向上させる事にも繋がります。

左側の柱は、エスカレーターを利用するお客さんに対してのアイキャッチとして、ボディとニートモジュールを使ったディスプレイにしています。

中央の什器も奥面へ入り易く配置し、客導線を意識したレイアウトになっていて、狭いながらも立地特性を活かしたショップと言えます。

コメントを残す

このページの先頭へ