メンズカジュアル007_展開図事例

Mカジュアル008_04立面図1

天井伏図に続いて展開図をご紹介します。

まずA展開図(立面図と言ったほうが正解ですね)ですが、ショーウィンド面を見ています。

透過性のある什器にして店内を見せる考えもあったのですが、ここはマニュアル通りのディスプレイパネル什器を配置しています。

もともと靴ブランドという事も有って、靴もセットにしてトータルディスプレイをしています。

B展開図はディスプレイパネル什器の裏面で、壁面什器による構成にしてメインの陳列エリアとしています。

C展開図はエンタランス側面ですが、ここでブランドの主力商品の靴を展開しています。

折角のサッシュ面を什器により塞いでしまっているので店内の様子が外から分かりにくくなっています。

外部へのVPも勿論重要なのですが、「入りやすい店づくり」も意識する必要がありますね。

※残りの立面図は下図を参照下さい。

Mカジュアル008_05立面図2

コメントを残す

このページの先頭へ