紳士かばん001_展開図事例2

メンズバッグ001_展開図02

こちらの展開図も見ていただければわかるように、ほとんどが棚構成で仕上げられています。

先回もお話ししたように、この展開図が却下になった理由がひとつあって、棚が可動でないところです。

クライアントには、納得がいかなかったのだろうと判断します。

個人的な見解としては、固定棚がいいのですが、やはり商品の大小あるサイズに対応出来ないという苦しさがあったのではないかと考えます。

良くあることですが、クライアントから壁面は全て可動にというリクエストがあります。

が、ショップによっては竣工後、棚を移動させた形跡がない店がけっこう見受けられます。

不思議な話ですね><。

 

コメントを残す

このページの先頭へ