柱巻き造作の外観図と詳細図01

シューズ001_柱図1

先回に引き続き、婦人くつ売場のご紹介です。

普通なら、平面図から展開図・・・というように続くのですが、今回は展開図を割愛しました。

 

この売場は、象徴的な柱が3本存在します。

この柱の演出が、この売場にとって重要になってくるからです。

ですので、その代わりって言うのも何ですが、それぞれの柱を描いていこうと思います。

 

アイランド売場は、あまりインパクトを表現出来ません。

「それなら、柱にその要素を付加しよう」

要は、柱巻の構成を重視したのです。

 

通路面に、4つのディスプレイボックスを配置し、人気商品を展示します。

柱巻には、その時々の人気商品や関連商品を展示する事で、この売場の「VMDエリア」の核とします。

 

コメントを残す

このページの先頭へ