服飾雑貨の壁面詳細図05,06

 

では、壁面詳細図04の続き、壁面詳細図05・06のご紹介です。

今回投稿している「服飾雑貨_002」は、もうひとつ人気なしと感じました。

なので、この店舗はマラソンでいきたいと考えています。

マラソンセッションって奴で!

 

やはり雑貨店の壁面の理解度は、経験が無いと中々難しいと聞きます。

私の友人が、某スーパーでこのエリアを今でも担当していているのですが、苦労が絶えないと言ってます!

要は、改装物件になるとその都度、商品構成が変化するのでついて行くのに苦労するとか。

しかしこの事例などは、まだましな方ですよ。

 

尚、平面図で位置関係を確認しておいてください。
⇒ 服飾雑貨002_平面図事例

 

商品のサイズによっての仕分けは、やはり大きい方が良いと感じます。

これがアクセサリー等になると、ちょっと嫌感走りますね。

尚、こちらでは壁面上部には、注目の商品などをディスプレーしますので、ディスプレーボックスやL型フックでの引っかけ式のディスプレーパネルを設けました。

下部では棚で商品を平置きしての展開で、最下段は、販売兼ストックです。

それでは次のエリアはというと・・・・。 まずは図面ですね。

 

 

このエリアもまだ、ハンカチ類の商品が続いています。

販売機能としては、前述と同様です。

ここまで書いてはいますが、読者の方もちょっと飽きてくるのでは・・・・・。

私が言うのも何ですが、ちょっと単調な売場なので説明も大変です。

お察しください!

 

この売場での壁面コーナー詳細図はこれで終わりになりますが、続いて柱巻きや、単品什器などが出てきます。

ただ、事前に検証して良くない場合は割愛、もしくはマラソンセッションで進めるつもりです。

ですから、コーナー詳細図に関しては展開図の拡大バージョンとして見聞していただければ良いかと感じます。

平面図で位置関係を確認しておいてください。
⇒ 服飾雑貨002_平面図事例

では、お読みいただいてありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ