服飾雑貨の壁面詳細図04

続きです。

服飾雑貨の壁面詳細図、4枚目をご覧いただきましょう。

 

この売場は、先日もお話ししたように、レイアウト上かなり奥まっていて、デッドスペースと呼んでも過言ではありません。

ですから、この壁面はしっかり見せ場を作らなきゃなりません。

といっても、パンストなんでそれほどインパクトのあるディスプレイは出来ません。

せめてカラーで、しかも派手目にいけば良いんでしょうが・・・・。

結果、壁面トップにディスプレイ用にレッグの器具を配置してみました。

 

この店舗の環境図面は以下からご覧になれます。

⇒ 服飾雑貨002_平面図事例
⇒ 服飾雑貨002_展開図事例

 

さてさて・・・・・・。

なんで、こんな凹んだ売場を作ったかは不明ですが、クライアントから言えば出来るだけ売り場面積が欲しかったのでしょう。

しかし、私的にはあまりおすすめではないと考えます。

 

あっ! そうそう。

ディスプレイ用にレッグの器具と呼んで良いのか知りませんが、下記のような感じのものです。

 

 

※マネキン屋さんのサイトにいけばもっとたくさんありますよ!

店舗の設計は、あくまでも売場が優先なので、愚直に言われたとおりの図面を描いているのが良いのでしょうが、これだけは納得いきません。

話が、それましたがちょっと本音が出ましたね!

まあ、図面的にも内容的にもそれほど大した売場では無いので、私としては書くことに困ります。

本来は、もっと内容が充実した記事を書けば良いのですが、初心者の方も多く見られていると言うことで段階を追ってやっているのです。(ごめんなさい)

 

今日は時間があるし、おまけにこの売場ももうひとつ・・・。

「ええい!」

今日中に、環境の詳細図だけでも書くとしましょう。

みなさんにお目にかける店舗の資料はまだまだありますからね。

 

尚、この店舗の環境図面は以下からご覧になれます。
⇒ 服飾雑貨002_平面図事例
⇒ 服飾雑貨002_展開図事例

 

コメントを残す

このページの先頭へ