服飾雑貨の壁面詳細図01

今回から、婦人服飾雑貨の壁面詳細図を説明していきます。

ただ、書く内容は極薄ですねでご容赦ください。

あなたの情報として、またノウハウの一部になれば幸いです。

 

見てのごとく、ここでは傘を中心にその関連グッズを展開しています。

環境の意匠柱もここからがスタートになりますが、この意匠はオーソドックスなので今でも使われることが多いようです。

が、コストがかかるので、要検討ですね!

ここで話を終わればいいのですが、それじゃさみしいのでちょっと!

先回もお話ししましたが、雑貨売場ってはっきり言いますが、私は嫌いな売り場です。

尚、この店舗の環境図面は以下からご覧になれます。

⇒ 服飾雑貨002_平面図事例
⇒ 服飾雑貨002_展開図事例

 

なんせややこしいのと、細かい打ち合わせが必要なのです。

陳列される商品のサイズがいろいろあって、かなりの専門知識がないと設計しにくい売場です。

まあ、設計者にとっては邪魔くさい売場です。

打ち合わせ担当は、出来るだけ避けたい!というのが本音です。

しかし、そうは言ってられないので嫌々することが多分にありました。

ちなみに、この売場は傘を販売する売場ですが、傘ひとつとってもその大きさやサイズ等は、すぐに思いつかない事が多いです。

やはり専門的知識というか、MDをしっかり理解出来ないと厳しい!

勉強するほどのことはないにせよ、やはり普段から意識を持っておくべきです。

 

話がかなりそれましたが、この壁面は平面図のごとくいっぱいに広がります。

機能・仕様は同じですが、そこに張り付く備品等が各種いろいろあって厄介です。

私が百貨店に限らず、売場の勉強を進めるときは、必ず自分なりの「虎の巻」持ち歩いていました。

売場の勉強をすることは、ひょっとして私の趣味だったような気がします。

今では大学ノートが、すでに100冊は越えています。

現在でも売場の勉強はやってますよ!

この店舗の環境図面は以下からご覧になれます。
⇒ 服飾雑貨002_平面図事例
⇒ 服飾雑貨002_展開図事例

 

コメントを残す

このページの先頭へ