服飾雑貨の柱巻什器の外観図

 

服飾雑貨_002の環境詳細図もやっと終え、今回からこの売場の什器群を連載していきます。

環境柱に什器を配置するなんて、ずいぶん昔はよくやりましたが、今ではほとんど見ることは無いでしょう。

 

この柱巻き図は、この売場の向かって左の柱を描いています。

まず、平面図で位置関係を確認しておいてください。
⇒ 服飾雑貨002_平面図事例

 

売場には必ず建築柱がありますが、これを如何にうまく使うかも設計者の技量ですので、普段から私はリサーチを欠かせません。

この売場には、2本の柱が存在しています。

右側の柱はレジとの併設で売場の効率を図っていますが、この柱はやはり売場に使うしか無い・・・・・。

売場に使うしか無いといっても、通常のボリューム感を出す売場ではありません。

出来れば、商品量を減らしディスプレイ要素を盛り込めばVMD効果も上がります。

そして店頭ということで、威圧感を控えるために什器高1600mmとし、他の単品什器と高さを合わせています。

 

今では、1350mm程度が理想的なのですが、当時は什器の高さ感覚も違っていたようです。

尚、機能面は図面には表現されていないようですが、廻りの什器と同様システム什器を使用しました。

俗に言う、基本什器って奴です。

良い点としては、什器を四方に巻き込んでいため、ラウンド什器としての効果も発揮します。

コメントを残す

このページの先頭へ