ディスプレーテーブルの外観図

このテーブルは、店頭に位置することにより、お客様にこの売場のアピールをする役目を担っています。

まずは、平面図を確認しましょう
⇒ 服飾雑貨002_平面図事例

 

見ての通り、百貨店の一階の面に配置されています。

やはり、ここはVMDでの演出は欠かせません。

後にご紹介するパーティションとの併設で、このディスプレイ テーブルはもっと生きてきます。

 

服飾雑貨や小物売場には、このようなタイプのテーブルでの演出及び、販売はよく見られます。

そして、その圧倒的な理由としては、販売員さんの使い勝手も良けりゃ、お客様にも触りやすいという利点があるからです。

テーブルトップに置かれたガラステーブルは、お客様の視線の移動を促して、購買心理に導きます。

これもうまい使い方ですね。

と言うより前述した、服飾雑貨や小物売場にはある意味この売り方が、私の経験上では一番合っていると思われます。

 

いろいろな売場を設計しているとき、思わず良いものが生まれることがあります。

今回も、このテーブルが一番だと感じています。

ただ、テーブルをふたつ寄せて一台としている点が、引っかかりますがこれも百貨店側の要望でした。

見てくれにちょっと醍醐味はないようですが、機能面はシンプルでどうにでも出来るアレンジ性は評価は高いと思います。

そうなんです、アレンジをすれば様々な売場に適応するので、私の「虎の巻」には、この什器の基本形のスケッチが入ってます。

 

バックパーティションの事例はこちらです。
⇒ バックパーティションの外観図

コメントを残す

このページの先頭へ