カウンターバック什器の外観図と断面図

婦人服飾雑貨002_20.STOCK(レジバック)

このカウンターバック什器で、婦人雑貨001の図面は最後となります。

上部の天袋の両側にはディスプレースペースを設けて、アイキャッチにしています。

中央部分にはトレーを設置し、ストールなどを陳列するようになっていますが、この部分もビジュアル演出として使った方がよりショップイメージを打ち出す事が出来ますね。

 

高い場所での陳列は見えにくく、オペレーションも難しいのであまり良い方法だとは言えません。

しかもカウンター越しに見上げるので、どんな商品かも分かり難いです。

 

又、この天袋の奥行きに関してですが、ストックの天板で物書きや包装などを行う時に、この状態ですと頭を打ちそうになりますね。

そのため天袋の奥行きは、ストックよりも若干浅くする事が望ましいです。

コメントを残す

このページの先頭へ