レジカウンター部壁面の外観図と断面図

ladys bag_003_09壁面詳細図3

この図面は、レジ廻りの壁面詳細図事例です。

レジカウンターとレジバックまでのスペースが非常に狭く、カウンター内には一人しか立つ事ができません。

売場のスペースを優先した結果なのですが、ストックや抽斗を開けるのにも一苦労する様な狭さです。

 

各断面図は、レジバックとニッチショーケースを見ています。

右側の天袋には、このショップの分電盤が設置されているので収納スペースとしては左側のみとなり、多くの物を収納する事は出来ませんね。

ニッチショーケース部の断面図は造作で堀込みを造り、引き違いのガラスとサッシュを現場で取り付けるようになっています。

又、四方のアールを綺麗に出す為に木枠を取り付けています。

狭い空間にディスプレーやレジ機能を押し込んだ形になっているので、ちょっと使い勝手が悪いレジスペースになっています。

ただ、売り場面積が小さいので仕方ないですね。

 

コメントを残す

このページの先頭へ