ハンドバッグショップ003の展開図01

ladys bag_003_04展開図1

 

ハンドバッグショップ003の展開図事例です。

A展開図とB展開図は、ファサード面を見ています。

天井吊りボーダーと、ディスプレイ什器が目を引くファサードになっている事が分かりますね。

 

このボーダーは、ゴールドのエイジング塗装でアンティーク風の仕上げにして、落ち着いたイメージを与えています。

しかし、4000mmもの大きさがあり、存在感あるボーダーになっています。

ディスプレイ什器も同様に、モルタルのエイジング塗装仕上げで、ボーダーと共にショップの顔を構成していますね。

 

C展開図とD展開図は、奥壁面です。

こちらもファサードと同様に、上部を間延びさせない様にニッチ開口を山型にしています。

このニッチ開口の裏面にはエスカレーターがあるので、見通し良くシースルーにして、両面からの視認性を向上させています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ