ハンドバッグショップ002の詳細図指示図

01レディースバッグ002詳細図指示図

 

先回からの続き、スーパーブランドのショップ事例です。

さて、このショップを設計するに当たって、いったいどれだけの詳細図がいるのかをちょっと整理してみました。

結構有るんですね、これが。

まぁ、細部まで計算ずくで設計されている店舗ですので、当然と言えば当然のことです。

このように整理して、関係者と共有しておけば、後になって抜けが生じるようなことはありません。

作業もスムーズに進みますので、是非お試しください。

 

ピンクでマーキングした箇所、コーナー詳細図、主要断面詳細図、什器図を描いていきます。

これから、順を追ってご紹介していきます。

 

図面の精度は高く、内容の濃いもです。

今後の参考になると思いますので、楽しみにしていてください。

 

コメントを残す

このページの先頭へ