加工室の外観図と断面詳細図

服飾雑貨002加工室

眼鏡ショップの加工室の拡大展開図と、その断面詳細図です。

先回も伝えましたが、このエリアも機能が優先します。

眼鏡の調整や加工が、スムースに行えるスペースさえあれば問題ないでしょう。

平面図の柱の出っ張りが気になりますが、こればっかりはとることが出来ないため、このようなレイアウトになりました。

シースルー感あるガラススクリーンから加工室が見えるので、眼鏡の加工中でもお客様の動きが分かり、対応もスムースに行きます。

これでこの眼鏡店のショップ事例を終わります。

その他の眼鏡店も携わってきましたのでよい事例があれば、再度ご紹介します。

コメントを残す

このページの先頭へ