ストック建具の外観図と詳細図

ストック建具図

この図面は、ストック入り口の建具図です。

ですが、まだ不十分な図面になっています。

基本的に建具図は、裏面の立面、断面が必ず必要ですのでご注意下さい。

さて、この建具で注意しなければならない点が2点あります。

まず1点目は吊り元で、この図面では左吊り元になっていますが、本来は右吊り元が理想なんです。

実際に近くの建具を見て頂くと分かるのですが、右側にレバーハンドルがあると開け難くないですか?

やはり、使い易さを考えて作図をしなければなりませんね。

ただ、ストック内の空間が狭い場合や、右吊り元側に障害がある場合は左吊り元になります。

そして2点目は開く方向です。

この建具は、手前に引いて開けるようになっていますが、このままではレバーハンドルが帆立にぶつかってしまいます。

開閉時の衝撃で、ミラーも割れる可能性も出てきます。

とても安全な建具とは言えませんね。

ストック側に開けるようにして、なるべく建具がどこにも当たらないようにすべきです。

コメントを残す

このページの先頭へ