ショップファサードの外観図と詳細図

ファサード詳細図1

ショップのファサード詳細図です。

天高があるので、凄い迫力で仕上がりました。

両サイドは、ショップイメージを助長させるアンドンボックスを配置しています。

このショップは、アメリカでは路面店の出店が当時は多かったです。

しかし、ここまでの天高は無かったような気がします。

やはりショッピングセンターの1Fは、天高がしっかり確保できます。

ですから、このようなアウトドアショップには、好ましい位置にあると思われます。

尚、拡大詳細図を添付しておりますので参考にしてください!

ファサード詳細図2

かなり細かいところまで描いています。

厳しい図面ですが、ここまで描ければもう十分ですし、完璧です。

図面作業というものは、コツコツ仕事です。

日々の積み重ねが大切です。

邪魔くさいと思ったり、感じたりしたら負けです。

しっかり描けることが肝心ですし、しっかり描ければ仕事は何処にでもあります。

手に職を付けることは、大切だと私は考えてきました。

コメントを残す

このページの先頭へ