ファミリー002_展開図事例

ファミリー002展開図1

ファミリーショップの展開図ですが、大型ショップなので、無機質な壁面が続きます。

マーキングしたエリアは、アクセントエリアというか、ここをしっかり「くくる」ことでショップにメリハリを付ける手法です。

今となっては、どのショップでもこの事例は見る事が出来ますが、当時はまだまだ繁栄されていませんでした。

特にスーパーの売り場は、もうダレダレで見るのも忍びない光景でした。

私は、これにいち早く気付き、某スーパーに提案したことを覚えています。

また当時は、このような大型カテゴリーショップでの展開は、あまりなされていませんでした。

ある意味で「先駆け」的ショップの代名詞でもあったように思われます。

そして、このショップの形態を模するショップも増加しましたね。

特にジーパンショップは、素材は違えどほとんどがこの形態でした。

やはり、いいモノはまねされるのは当然です。

尚、仕上表を添付しておきます。

ファミリー002展開図1仕上げ表

このように、仕上げを表にすることで展開図が見やすくなります。

もし、仕上げに変更があっても全ての図面をチェックすることなく、この表のみの重変更ですみますので、便利ですね。

ファミリーショップ《アウトドア》展開図_02

ファミリー002展開図2

 

ファミリー002展開図1仕上げ表

 

 

ファミリーショップ《アウトドア》展開図_03

ファミリー002展開図3

 

ファミリー002展開図1仕上げ表

コメントを残す

このページの先頭へ