卓上アクセサリーケースの外観図

カジュアル004_ACC_C

この柱前のディスプレーステージに設置している卓上アクセサリーショーケースの姿図です。

売場にあるショーケース什器のケース部分だけを残した形状で、収め的には殆ど同じです。

卓上に設置するのでレイアウトは自由に変える事が出来る利点を持っている反面、固定されていない分ステージから落ちたり、ステージトップを傷つけたりする危険性があります。

脱着式の卓上什器ではダボを使ってずれない様にするのですが、固定相手にはダボ穴を開ける事になるのでせっかくの意匠が損なわれます。

この卓上ショーケースでは底面にフェルトを貼り、ステージトップを傷つけないような処理と施しています。
しかしフェルトによって逆に滑りやすくなってもいます。

ナミダメ(ガラス棚と棚受けのズレ防止用の透明ゴム)等のクッション材を使うと、ズレ止めにもなって天板などを傷つける事も多少は減ります。

コメントを残す

このページの先頭へ