ディスプレイステージの外観図と断面図

カジュアル004_DP STAND_A

ガラスケース什器の次はちょっと歪なディスプレーステージ什器です。

柱前に備え付けられる什器で、腰面の1部にストック機能を付加しています。

ただ、ストック内の奥行きを1300程とっています。果たしてこれだけの奥行きが必要だったのかは不明ですが、物理的に奥まで手が届かないですね。

商品にもよりますが、実際には半分の600mm程度で十分です。

これだけ大きな形をしたディスプレーステージなので分割する箇所をどこに設定するかが重要になります。

しかも仕上げが光沢あるUV塗装なので間違ったところで分割してしまうと非常に目立ってしまいます。

出来れば1体もので設置したい所です。

コメントを残す

このページの先頭へ