エンタランスの外観図と詳細図

飲食001_エントランス詳細図

続いてエンタランスとサンプルケースの詳細図です。

本来はもっと細かい図面を描く必要があったのですが、時間と設計コストの関係でここまでといわれたようです。

良くあることです。

全体の石貼り仕上と、入り口の意匠柱がクラシックな感じを漂わせます。

尚、この場合サンプルケースのメンテナンスをフロントから行うようにしています。

しかし、店内にスペースの余裕があれば、店内からのメンテナンスが望ましいです。

この場合は、フロントのムードと雰囲気が同化しているようなので許せます。

やはりサンプルケースは見せ場なので、1枚ガラスが目を引きます。

コメントを残す

このページの先頭へ