スクリーン付きディスプレイパネルの外観図と各部詳細図

ビジネス006_06ウィンド詳細図

さて今回からはスーツショップの各部詳細図をご紹介していきます。

まずは平面図上のファサード左側にあるディスレプレイ部です。

L型のパネル組での構成ですが、1面をガラススクリーンにして透過性あるディスレプレイパネルにしています。

こうする事で通路からの視認性を向上させ、且つ多方向に対するVMDの効果を発揮させる事にも繋がります。

又、このディスレプレイパネルには後でご紹介する柱巻きや平面図右側のディスレプレイステージ部と共通の面材を取り付けて、

統一感あるファサード意匠にしています。

コメントを残す

このページの先頭へ