ビジネス006_展開事例

ビジネス006_03展開図

引き続いては展開図のご紹介ですが、先回の天井伏せ図を掲載した際に触れた防火ダンパーと柱巻きの取り合いがこの展開図でお分かりになれます。

まずA展開図ですが、リブ材による共通意匠を施したディスレプレー面と柱巻きを見ています。

ここに防火ダンパーが丁度柱のセンターに来ている事がわかります。

 

B、C展開図では売場奥面と平面図の左面を見ていますが、各什器毎に陳列方法を変えて商品のゾーン分けを明確にしています。

最後のD展開図では防火ダンパーとの取り合いで、一部壁面什器と異なった意匠にして干渉スペースを設けています。

一部イレギュラーな箇所もありますが、全体的に綺麗にまとまった環境になっていると言えますね。

コメントを残す

このページの先頭へ