預かりケースの外観図と断面図

mens_005_023預かりケース

預かりケースの外観図と断面図です。

スーツショップでは、サイズ直しをすることが多いと思います。

パンツの裾上げなどですね。

ですので、こういったストックできるスペースが必要になります。

 

このパターンは、レジバックで、よくやる手法です。

レジバックってなんか抜けているというか、店内でいちばんぼけている空間と思いませんか?

まとまりを付けるために、こういうかたちで提案し、そこに素材の違いのパネルやクロスを施し、ブランドやショップのロゴを提案するんです。

シンプルでまとまりを感じますね。まあ結果は◎をいただきました。

 

もう10年も前の話ですw。

今ではどちらの店も、この手法が多いように思われます。

よく目を懲らしてショップリサーチをしてみてください。

カラーで演出したり、全くの異素材でショップのイメージを表現しています。

コメントを残す

このページの先頭へ