柱の造作袖壁の外観図

袖壁

柱サイドに追加した造作壁面の外観図です。

どうってことのない図面ですが、考えなければならないことがあります。

什器のように思いがちの、この什器が自立するかということです。

本来は、施工方法まで描いてやらなければだめです。

しかし、記入漏れではなくて描かない方が良いと言うこともあります。

この店舗は、百貨店に配置されているので建築躯体である床には固定が出来ないというコトが発生するかもしれません。

ここは、現場サイドで考案することがあるので逆に描いていないとも取れます。

コメントを残す

このページの先頭へ