柱巻き造作の外観図02

柱図02

スーツショップ柱巻き造作図の外観図その2です。

店舗の右に位置する柱ですが、先回同様こちらの柱でもカラーでショップのイメージを高めています。

こちらの柱は司法が使用可能だということで、一面に大きな行灯サインを設置しています。

フロント廻りに、商品+サインという構成はちょっと昔の設計手法です。

いまはこんなやり方していませんね。

もっとすっきりしています。やっぱり年代を感じます。(笑い)

今だったら、柱を象徴的な素材を使用して商品表現はマネキンorトルソー程度で押さえ、すっきりまとめているコトが多いようです。

尚、ここでも壁面システムに「ベルラ」を使用しています。
照明用のラインコンセントは、避けられませんでした。

コメントを残す

このページの先頭へ