VPエリア造作什器の外観図と断面詳細図

Mens_001 07壁面VP

ここでは壁面が、間延びしないフォーカスポイントを4スパンの造作什器として構成しました。

このような手法であるならば、現状の壁面なら何処の場所に設置しても訴求力のある売場にになるでしょう。

今回はちょうど壁面中央に設置したまでです。

あまり商品を置かず、「男の書斎」をイメージしました。

机があったり、本が置いてあったりと「売らんが為」の売場ではありません。

あくまでもライフスタイルのイメージ提案と考えます。

壁面は、スリットで構成しているのでフレキシブルに対応できます。

次回は、この売場での什器などを投稿します。お楽しみに!!

コメントを残す

このページの先頭へ