接客テーブル図の姿図と部分詳細図

Mens_001 09接客カウンター

スーツ売場などに限らず、オーダーもの売場にはこのような接客デスクが必要と思われます。

特にこれといった機能はありませんが、チェアーは既製品でもちょっと雰囲気があるのを望みました。

売場全体は、ちょっと店格を上げるためにちょっとダークな色調で高級感を醸し出しています。

ですから、接客テーブルもこれに準じてします。

後に出てくる什器類も木工部は、すべと同仕様になっています。

仕上げについては化粧板仕上げで製作をお願いしました。(ちょっと寂しい)

今、思ったことですが何故スライドレールがここに配置されているのがよく分かりませんね。
誰かが、付け加えたのでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ