メンズロープライススーツ売場の平面図

上記は、某百貨店のメンズフロアに併設されているロープライススーツ売場の平面図です。 スーツ売場らしく理路整然としたレイアウトは、それほど面白くないものですね。

当時は、ロープライススーツがちょっとブームだったのでしょう。この百貨店での展開はちょっと遅すぎた帰来がありました。

売場を見ても、併設された感があって奥行きがないのも寂しい気がしていました。

ただ、オープン当初は凄い盛況だったと聞きました。 もう、だいぶだいぶ昔のことですがね。(笑い) 

ここでの注目は、ロープライスといえフィッティングだけは大きくました。これが貧弱だとスーパーのそれになりかねないしね。
 
これだけの余裕のあるフィッティングルームを設けてあげると決してロープライスという言葉は出てこないのではないでしょうか。 

壁面は至ってシンプルです、什器もこれといった特別なものは考えませんでした。 

尚、平面図にはこれから出てくる展開図の指示や什器番号(青丸)をプロットしています。 (何だかスーパーの売り場みたいになっちゃいました。

平面計画の手順

それではここで、この平面計画を作成する手順をご紹介しておきます。 
店舗はなんと言っても、最初に平面図ありきからはじまります。そこには

後で描く什器図の番号をプロットしていくことから始めています。 

※本来は電気配線図に入れるのですが、クライアントの要望で平面図に入れておきました。

※上記の平面図には、このコンセント図は入っていませんのでこちらを御覧ください。

最終平面図が決まりましたが、ここまで約2週間程度で仕上げます。途中打合せをして、若干の修正が有ること も有ります。

デザインランキングに参加してます。
応援お願い致します!

↓ ↓ ↓

デザインランキング