柱巻き造作の外観図

アクセサリー_001柱巻き01

アクセサリーショップらしい演出の、柱巻図です。

思うに、この柱巻きはかなり考えられた思いが伝わってきます。

小さな店舗だけに、壁面も同様ですがあらゆる面を使おう!って感じが良くでていて素晴らしい!

 

全体をドライフラワーで飾り、ボックスにはアクセサリーの単品をうまく配置します。

ダウンライトの光の演出効果で、通路客の目を引くことでしょう。

 

実は、柱が店舗内にあることが、設計者にとって辛いこともあります。

「どう見せよう!」「どう使おう!」ってね!

広い店舗で、数本の柱がある場合は別です。

その柱に統一的なデザインを施したり、何らかのリレーションである程度ごまかしは付きます。

でも、店内に一本っていうのはけっこう考えますね!

まあ、店舗には柱が付きものなんだという考え方を日頃から持ち、絶えず意識して店舗リサーチをすれば何かが見えてくることはありますが・・・・・。

 

さて、この柱巻きで、ひとつ不安に思ったことがあります。

 

最初の立面図にある、大きな扉が持つかどうかです。

アクセサリー_001柱巻き02

この扉がです。

ですので、収めをかなりしっかり、慎重に考えた記憶があります。

逆に、演出の陳列ボックスは、もう少し大きくても良かったかもしれませんね。

 

下記は、B展開の詳細です。

アクセサリー_001柱巻き03

 

コメントを残す

このページの先頭へ