用語解説<建築・構造>

内装設計において良く表記される用語の解説です。

【ALC】
エーエルシー(Autoclaved Lightweight Concrete)の頭文字とった略語です。

セメント中にスポンジ状の気泡を混入して軽量化した気泡コンクリートです。

建物の外装構造壁として良く使用されています。


【CB】
コンクリートブロック(Concrete Block)の頭文字とった略語です。

コンクリートを型に入れて作ったもので、主に厨房の壁下地や外構の塀等に使用されます。


【SL】
スラブレベル又はスラブライン(slab level又はslab line)の略語で、

建築による床構造体としてコンクリートで作られた床面を表します。

FLと同様にこの基準からの床高さを示す場合はSL+数値(SL+100)と表記します。

用語解説FL2左図がスラブラインを表現した事例で

基本的な表現方法は【FL】と同じです。

「1F SL」と▼マークとで表記します。

 

コメントを残す

このページの先頭へ